キールズバーハウス青葉台のご紹介

新橋ドライドック

候補地
内部
こんなところで店したくない・・・

2007年6月 “お化け屋敷”の改装も無事終了し、「新橋ドライドック」という名も決まり「日本一の“やかましさ”と“独特の雰囲気”にひるむことなく・・」というご案内のDMを出し、とりあえずココで出航と相成る。居心地はいかに?
⇒ 新橋ドライドックのWEBサイトはこちら

ドライドックの名は、日本語で乾ドックつまり船の造船や修理の時に船が入るドックのこと。人間ドックのもとになった言葉。この場所に「キール`ズ・バーの名は冠したくなかった」というのが、正直な気持ちだった。

 

ドライドック
新橋ドライドック


そこで「キール`ズ・バーは、このドックで暫くお休みします」ということにして、この新しいビール屋の立ち上げに専念することになる。しかしながらこの狭いドックが大ブレイクするまで、長くはかからなかった。「日経新聞」のコラムから始まり「日経レストラン」「ダンチュウ」「ビールの専門誌」などなど・・ビール特集では、巻頭を飾るまでの名物店となった。また、チキンバスケットと並んでの名物料理、ポテトサラダがテレビで紹介されてからは文字通り「大変なこと」になった状況が続いた。

雑誌
ビール王子の活躍

ビール注ぎにおいては、キール`ズ・バー創業時からのバーテンダー佐藤が新たに“ドックマスター”としてビールの勉強に専念し、海外視察も終え素晴らしい技術を習得していく。最近ではビール王子などと呼ばれるくらい、名人芸を披露するようになる。時々青葉台にも顔を出してくれているが、最近ではめざましテレビでお見かけされた方もいらっしゃるかな。徹底した品質管理とスペシャリストによるサーヴィングで注がれるビールは地方からの見学者も絶えない。 そんななか、2008年T電鉄関係のある方から耳寄りなお話が・・コンペだ!

テラス
ドライドック3周年記念

新橋DRY-DOCK(しんばしどらいどっく)営業中
〒105-0004 東京都港区新橋3-25-10(JR高架下)
TEL/FAX 03-5777-4755
<営業時間>
月〜金 17:00〜24:30
土 17:00〜22:00 (土曜はフードが少ない)
<定休日>
日曜・祝日・第3土曜

1
2
3
ページの先頭へ

© KEEL'S BAR